今朝の夢に先代の三遊亭円樂師匠、三遊亭好樂師匠と林家木久扇師匠でしたか?いらっしゃいました。

場所は自宅の台所と居間の間の中室みたいな場所と、庭でした。

師匠方が大きかったですね。ぼくが見上げる目線でしたから、明らかに2m以上はありましたね。

それとも、ぼくが子どもに戻って小さかったんでしょうか?

好樂師匠のいつもの明るい笑顔でとても癒されました。

人気者になるというのは、こういうことかと教わった気がします。

気になったのは円樂師匠が豪く老けていたんですね。

円樂師匠は9年前に76歳で亡くなっていますが、明らかに若くても80代後半もしくは90代後半の姿だったんですね。

それに円樂師匠の身長は180cm近くあるんですが、150cmくらいでした。

頭も真っ白で足もおぼつかず、本当に師匠かと疑うほどでした。

存命でも今年86歳ですから、何か意味がありそうですね。

お葬式の夢は古い自分を捨てて新しい一歩を踏もうという吉夢と聞きますが、吉夢だといいな。

夢占いに出してみるか。

さて本題に入りまして、家族で囲むにぎやかな食卓に憧れますよね。

ごはんがあり味噌汁があり、おかずは朝昼ならばお肉や揚げ物中心。

夜ならば、お魚と煮物中心。どちらも野菜ものを添えて。

煮込まれた厚揚げ、ひじきのいいにおい。

そしてお新香のおいしいこと。というのが日本の食卓ですね。

おなかが空きますね。

ですが、こちらの志村さん一家の食卓はかなり変わっています。

焼き肉にコロッケ、野菜ものがあるのはわかります。

ですがごはんと味噌汁があるのに、おかずにでしょうか?トーストとHOT CAKEがあります。(笑)

ごはんのおかずにHOT CAKEを食べますかね?少なくともぼくは食べません。

そしてこの写真ではわかりずづらいんですが、よく見るとまだ変ですね。

これらは全部食品サンプルなんですね。食べられませんね。

フォークを持ち上げるスパゲッティなんて見たことないですね。

志村さんが怒ってキャベツを投げました。

丸高さんも満更でなく、ちょっとちょっと!と投げ返しました。

色取りのいい食卓に憧れますが、食品サンプルを勘弁してほしいですね。

食品サンプルは蠟でできていますから、間違って食べると一大事です。

柴田純でした!誰かと会食できる日を待っています。食品サンプルでなく、本物をお願いします。

まだ寒いのでお気をつけて!