はいどーもレンタル彼氏のマオです!

今日は昨日の投稿した都市伝説の感想第二弾をお送りいたします!(≧∇≦)

また、長文になると思うんですけどご了承ください!
興味なーい!目が疲れるんじゃぁ!って人はブラウザバックして構いません( ; ; )

ってことで第二弾スタート!

はい、な訳で昨日はAIについてお話しと乾燥したんですけども今日はまた番組で取り扱われていた大統領選の裏側で動いていた現代社会での巨大な力を持った人物の事について触れていこうと思います!(´・Д・)」

今回の大統領選挙と言えば、誰もが当選確実と思ってましたよね?ヒラリークリントン。

絶対的な支持率を持っていた彼女がなぜ一不動産王に負けたのか。
ここに重大な人物が関わっているらしいです!
それがFace book代表取締役ピーター・ティールです。
彼はトランプを裏側で支持していたとされています(-。-;
彼は様々なIT企業に投資している投資家でありCIAやFBIのデータベースを作った深く関わっていて、ヒラリークリントンの長官時代に私用メールを公務で私用したりと選挙の大詰めで再び、FBIが裏で関与しているのでは無いかと語られていました。

実は、新聞、雑誌、テレビなど地上のメディアでは公にされていませんがヒラリークリントンの周りでCIA職員の相次ぐ不自然死が起きていたとアメリカでは噂になっているそうです。これはメディアで取り上げられてないので信憑性は薄いですがもしそうだとしたらコレも裏側でピーター・ティールが動いていたのかもしれませんね。

そして、トランプ支持派の人間が作ろうとしている世界こそが『トランスヒューマニズム』。

『トランスヒューマニズム』とは、科学技術を用いて今存在している生身の人間を進化させる事です。
ここでお気づきになった方もいると思いますが、昨日投稿した内容に深く関わってきます。

そう、それが義手や義足のハンデを抱えてる人たちです。
昨日投稿の内容でも書きましたが、最新の義手には神経を通じで物の温かみや冷たさを感じる感触が備わっているらしいです。
五年後には冷たいコーヒーに指先を入れることで温める事が可能になるらしいです。

これが可能になってくると、本当に、人工知能やハンデを抱えてる人たちによる世界がもう間近に迫っていると実感せざるを得ないですよね。

生身の人間は40kgしか持ち上げられないのに対し人工知能は200kg間で持ち上げられます。
みたいな事になれば、職業も人工知能が7割を占めここまで技術が発展すれば粗方の仕事は機械で補う事が可能になってしまいます。
生身の人間ができる仕事がごく僅かになってしまいます。

なので、昨日投稿した内容ですが生身の体を捨ててVRの世界で永遠の命を手にし暮らすか、生身の肉体を捨てて最新鋭の装置を身体に装着するかの二択になると僕は考えます。

僕はどちらかとゆうとアニメとかゲーム好きなんでVRの世界で暮らしてみたいなぁと思います(´・Д・)」←現代っ子なんで生まれた時から周りに機械があったので。

フルダイブ型のVRはまだ開発されてませんがもうすでに研究は進んでいるとテレビで語られていました(≧∇≦)

もうすでにAIによる人間への集団操作が始まってるという事にみなさん気づいて頂きたい。
少し前にポケモンgoが配信され多くの方がポケモン取るためにあらゆる場所へ行きましたよね?

それが集団操作です!
ぼくもアプリとりましたけどいまいち面白くなさそうなんですぐ消しましたがwww

人工知能が制する世界ももう間近です!
なので、僕たちも時代の変化に伴って次のステップへのバージョンアップをしなくてはならないのかもしれませんね!(≧∇≦)
とゆうわけでこの間の都市伝説での感想をざっくりと駄文で書かせてもらいましたがいかがでしたでしょうか?

掻い摘んで書くとグチャグチャになっちゃうのでそこは僕の文才のなさですwww

また、機械があれば都市伝説とかに触れていきたいと思います!!

2日にわたり御閲覧ありがとうございました!!

質問とかあればぜひお願いします!!(≧∇≦)

刻御 真麻 ツイッター @shu_ka_xxx

刻御 真麻 gmail kirikazu69@gmail.com

刻御 真麻 フェイスブック 上のメアドをコピーして検索または、刻御 真麻 Face bookで検索!