学生時代

唐沢です。

幼少の頃は、勉強そっちのけで、
外で仲の良い友人と遊ぶ程、活発な少年でした。

野球やサッカー、バスケットなど、
日が暮れるまで遊んでいた私でしたが、
徐々に、何か物足りず、
悶々とした感情が込み上げくるようになりました。

そんなある日、
僕は、あるマンガとの出会いで、
価値観が大きく変化しました。
そのマンガとは、

「スラムダンク」です。

僕は、それまで仲間と協力して、
成し遂げた経験がなかったので、
とても大きな衝撃を受けました。

中学入学と同時に、
迷わずバスケ部に入部し、
朝から晩まで練習に明け暮れる日々が続きました。

授業中も頭の中は、バスケ、バスケ、バスケ、
心から真剣に打ち込める目標ができ、
徐々にバスケの面白さと同時に、
人と協力して物事に取り組む事が好きになっていきました。

高校へ進学しても、
バスケへの情熱は消えず、
より高みを目指し、練習に打ち込みました。

高校三年時には、
悲願であった県大会に出場し、
信頼できる仲間と共に最高の瞬間を味わいました。

僕は、バスケを通じて、

【仲間の大切さ】

を学びました。

僕がこれまでにないスランプに陥り、
バスケが嫌いになるほど落ち込み、
辞めたいと話した時に、
ある1人の仲間から、

「調子が悪いのは、おまえが悪いんじゃない」、
「辞めたら何も残らない、後悔するよ」と、
言ってくれた事で、
こいつの為にも絶対辞めずにチームの目標であった
「県大会出場」を達成させると心に誓う事ができました。

その気持ちをもって取り組んだことにより
前述にも書いた目標が達成できました。

仲間からの励ましがあったからこそ、
現在もバスケットを続けられているのだと思っています。

唐沢巧