こんにちは柴田です

また興味深い記事を見つけたのでご紹介しますね

 

アンガーマネジメントって知ってますか?

ぼくは不勉強なことにほとんど知らなかったのですが、自分の”負”の感情に振り回されないための自己コントロールの方法なのだそうです

そのアンガーマネジメントの専門家・officeテオーリア代表の柊りおんさんを取材した記事で、ぼくはとても感銘を受けました

 

messy 「なんでわかってくれないの?」がなくなる、アンガーマネジメント入門から抜粋>

”怒りって、一番身近な人に向かいやすいものなんですね。だから私自身、別居している元夫ではなく、傍にいる父親と娘に……しかも相手は介護が必要な人と赤ちゃん”

 

”その時、たまたま「アンガーマネジメント」というものがある、と知りました。簡単に言えば怒りをコントロールする心理テクニック。”

 

”「わかってほしいのに、わかってもらえない」ことで怒りが沸騰してしまうことはありますよね。その時、「わかってもらえない自分」を、被害者だと感じているのではありませんか?”

 

”「自分が被害者」と思っている時、自分の感情は、加害者と思っている相手の言動、一挙手一投足に振り回される状態になっています。自分の感情なのに、相手次第。心の中心に相手がいて、その周りを自分がグルグル回っている状態だから、自分で感情の主導権を握れないんです。”

 

”でもそれって結局、何も解決にはなっていない。自分自身が苦しみから解放されません。そうではなくて、人生の当事者意識を持ちましょう、と私は言っています。”

 

”「当事者意識」を持つことで、「人生で起こることは自分の責任だ」と腹を括れるようになります。「私がこれを経験しているのは、私自身が何千という中から選択した、ひとつひとつの積み重ねの結果なんだ」ということですね。そう捉えたうえで、「何があっても、自分の心の中の気持ちだけは、自分で手綱を握れるんだ」と自信を持つ。このように理解すると、ものすごいラクになるんですよ。”

 

と、ほんのさわりですが引用してみました

この箇所はあくまで導入部分ですが、本文ではかなり具体的な手法なども紹介されていました

 

”負”の感情は誰にでもあるもの、それを無理矢理抑え込むのではなく、その存在をしっかり見つめ、それに振り回されずコントロールしていこうということでした

 

ぼく自身はとても学ぶところがあったので紹介してみました

 

もし興味が湧いたら全文をぜひどうぞ

「なんでわかってくれないの?」を言わなくなる。自分の感情の主導権を握るには/アンガーマネジメントとは?【前編】