こんばんは、俊です^^

 

 

 

 

 

選挙いよいよ告示です。

いろんな疑問の残る解散、もはや恒例となってきた新党立ち上げ。笑

舌戦も日を追うごとに熱が増しています。

個人的見解もありますがそれはさておき、

 

今日は少しまじめなお話をしてみようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このようなネット社会において切に願うこと。

 

 

 

「錯綜する情報や不確かな根拠に流されることなく自らの意思を投票して欲しい。」

ということ。

 

 

 

昨今叫ばれ続けていることですがやはり切に願うところです。

 

 

 

 

 

時の首相も知らないような世代もいますが、

自らの意思を持って選挙に向き合うこと、それこそが国を変える「源」です。

 

 

 

すべてはそこからはじまります。

 

 

 

 

 

興味ないし、とか、そもそも難しくてよくわからんし!

 

 

 

ならばせめても選挙の時くらいはその政党や個人がどう考え、どうしたいのかだけでも知って欲しい。

ちょっと調べればわかること。

 

 

そしてそこから自分で決めた党なり、個人に投票しに行って欲しい。

 

 

 

 

 

何度も言いますが、その意思こそが大事なんです。

 

選挙とは本来、大衆に乗っかってグループ投票するものではないんです。

個人の意思が一票。だからこそ「清き一票」なんです。

世論やマスメディアの情報は参考にされるべきものであって、国民がながされる為のものではありません。

個人で判断するから私達の意向に合う政党や個人が居ない場合には、「自分が国政に出てこの国を変えるんだ」とそう思ったりするわけです。

 

 

全員がそうとは言いませんが、芸能人が立候補したりすると本当にあなたにはその意思があって、自らの矜持を持って立候補されたのかと疑ったりします。

 

 

 

 

 

この国を成長させるキーは間違いなく私達一人一人です。

 

 

 

このブログをどれだけの若い方や選挙に興味も持たない人たちが見るかわかりません。

そもそもきっと場違いなんでしょう。笑

でも一人でもそういう方が見てくださって、「そっか~」って軽い気持ちでも納得して行動してくれたら嬉しいです(*^^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんだか今日は熱くなってしまいました。笑

長くもなってしまいましたし。笑

 

 

dewa今日はこの辺で^^

 

 

 

Shun. H

shun16honda16@yahoo.co.jp

ご予約、

ご相談やメールしたい方もお待ちしてます(*^^*)